スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年のぶりくら市で購入したアメイロイボイモリ
スポンサーサイト

ジュラシックワールド

先日見てきました!ジュラシックワールド

第一作目のジュラシックパークが大好きで何億回も見ているので
いたるところに散りばめられたジュラシックパーク小ネタを見つけるのも面白かったですが
ジュラシックパークを見てない人でも面白いと思えるような映画だと思います

恐竜はいろいろな種類を好きになってきましたが
やっぱり一番かっこよくて大好きなのはティラノサウルスですね!

おおきくなったらティラノサウルスになりたい!!

スペインの恐竜

お久しぶりです

先日、大阪市立自然史博物館の特別展
「スペイン奇跡の恐竜展」に行ってきました



桜も咲いていました🌸


今回の特別展なんですが
スペインの恐竜に焦点をあてています

その中でも目玉展示なのが
コンカヴェナトルの実物化石でしょう!

コンカヴェナトルは体に不思議な特徴があります


これは復元骨格ですが、コンカヴェナトルの不思議な体の特徴がわかりますか?



腰に突起があるのです

実はここに脂肪の塊がついて
ラクダのコブのようになっていたようなのです

発見されたときはラクダのような恐竜として
話題になりました∧( 'Θ' )∧

この恐竜の実物化石が今回展示されているのです!
しかもホロタイプ標本(学名を付ける時に元になった標本)です

そんな貴重な標本がスペインからはるばる日本へ…



本物…

しっかり特徴の背中の突起も保存されています。

コンカヴェナトルのこの標本
非常に保存状態が良く、背中の突起以外にも興味深いモノがあります



矢印で示した所
目が入る穴の上に犬の耳のように骨が垂れ下がっています

役割はよくわかっていませんが、コンカヴェナトルとその近縁の種類にしかこの特徴はありません
目の上でひさしのような役目をしたとも考えられています。

この他にも色々な特徴や保存がみれます
(詳しくは現地で笑)


今回の展示ではコンカヴェナトルと日本の恐竜フクイラプトルが並んで展示されていました。



何故並んで展示されているのかというと
このコンカヴェナトルとフクイラプトルがとても近い種類でどちらもカルカロドントサウルス科だからです

…という名目で展示されていたのですが…

実際は
なので
並んで展示する程近い種類ともいいにくいのです

しかもフクイラプトルに至ってはティラノサウルスの仲間である可能性もあるので、この展示の仕方は少し疑問

まあ
コンカヴェナトルのほかにも
ペレカニミムスのホロタイプ標本など
見所もいっぱいです!

是非是非


さいきんブログ何もしてなさすぎたので

少し報告

この間、ぶりくら市という爬虫類両生類のイベントに行ってきました

そこで

ヒョウモントカゲモドキ(アルビノリューシ)
アメイロイボイモリ

かいました

また紹介します

うぱこ??


BaKHRsXCAAA_wKo_convert_20140314130621.jpg
これ、なんだと思いますか?
正解は・・・
!うぱこ!

ではなくて
イベリアトゲイモリのリューシスティック!!!

約3カ月で
BhKMSh9CQAAl5Nr_convert_20140314130642.jpg
これになります笑

小さいころはどうみてもウーパールーパーなんですが
2か月頃から怪しくなってきます笑

だいぶん前に秘密にしていたイベリアはこの個体でした
秘密にするほどでもなかったんですけどね

BiqNGRvCYAAP_Pu.jpg

だいぶ大きくなってきたので先住のイベリアトゲイモリと同居させることに。。
以前から飼っていたのはどうやらみんなメスのようなので
リューシにはオスでいてもらいたい・・・
プロフィール

おっさ

Author:おっさ
いろーーんな生き物を飼育しています!!
よろしくおねがいします!!

最新記事
皆様からのコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。