スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュラシックワールド

先日見てきました!ジュラシックワールド

第一作目のジュラシックパークが大好きで何億回も見ているので
いたるところに散りばめられたジュラシックパーク小ネタを見つけるのも面白かったですが
ジュラシックパークを見てない人でも面白いと思えるような映画だと思います

恐竜はいろいろな種類を好きになってきましたが
やっぱり一番かっこよくて大好きなのはティラノサウルスですね!

おおきくなったらティラノサウルスになりたい!!
スポンサーサイト

スペインの恐竜

お久しぶりです

先日、大阪市立自然史博物館の特別展
「スペイン奇跡の恐竜展」に行ってきました



桜も咲いていました🌸


今回の特別展なんですが
スペインの恐竜に焦点をあてています

その中でも目玉展示なのが
コンカヴェナトルの実物化石でしょう!

コンカヴェナトルは体に不思議な特徴があります


これは復元骨格ですが、コンカヴェナトルの不思議な体の特徴がわかりますか?



腰に突起があるのです

実はここに脂肪の塊がついて
ラクダのコブのようになっていたようなのです

発見されたときはラクダのような恐竜として
話題になりました∧( 'Θ' )∧

この恐竜の実物化石が今回展示されているのです!
しかもホロタイプ標本(学名を付ける時に元になった標本)です

そんな貴重な標本がスペインからはるばる日本へ…



本物…

しっかり特徴の背中の突起も保存されています。

コンカヴェナトルのこの標本
非常に保存状態が良く、背中の突起以外にも興味深いモノがあります



矢印で示した所
目が入る穴の上に犬の耳のように骨が垂れ下がっています

役割はよくわかっていませんが、コンカヴェナトルとその近縁の種類にしかこの特徴はありません
目の上でひさしのような役目をしたとも考えられています。

この他にも色々な特徴や保存がみれます
(詳しくは現地で笑)


今回の展示ではコンカヴェナトルと日本の恐竜フクイラプトルが並んで展示されていました。



何故並んで展示されているのかというと
このコンカヴェナトルとフクイラプトルがとても近い種類でどちらもカルカロドントサウルス科だからです

…という名目で展示されていたのですが…

実際は
なので
並んで展示する程近い種類ともいいにくいのです

しかもフクイラプトルに至ってはティラノサウルスの仲間である可能性もあるので、この展示の仕方は少し疑問

まあ
コンカヴェナトルのほかにも
ペレカニミムスのホロタイプ標本など
見所もいっぱいです!

是非是非

世界大恐竜展

おひさしぶりですね

京セラドームで開催中
世界大恐竜展に行ってきたのでレポート?です笑

結果からいうと
幕張メッセで2009年と2012年にやってた
やつの選り抜きみたいな感じでした

幕張メッセのは2009年は行けたんですが
去年のは行けてないのでその分は嬉しかったです笑

まず会場の入り口

スピノサウルス
これは入場券買わなくても見れます
スピノサウルスは有名恐竜
これだけでも見応えあるんじゃないでしょうか

入ったら三畳紀から白亜紀までが順番に紹介されていきます

~三畳紀~

気になったのが最初に出てくる
動くヘレラサウルス
ヘレラサウルスのはずなのに
ドロマエオサウルス類のように足の第2指が上を向いてました…

幸せの青い恐竜、コエロフィシス

フサフサです

ヘレラサウルス

結構いろんな角度で見れて嬉しい('∀`)

~ジュラ紀~

ディプロドクス

ちゃんと立ってるのは初めて見たかも笑

ディプロドクスとアパトサウルスの頭

この並びで見れるのはちょっと珍かな?

いけめんアロサウルス


ステゴサウルスと
この時代の代表的なものはそろってる感じ
あと始祖鳥が結構揃っていました
3標本くらい

ケラトサウルスもフサフサ

ケラトサウルスまでフサフサにするのか笑

~白亜紀~

ユウティラヌス生体復元と
ディロング

ディロングかわいい♡
なんやかんやで初めて見た

ノスロニクス(手前)とマイアサウラ(奥)


カスモサウルス

これ結構見たかった
なんかヴァガケラトプスみたいに見える
けどカスモサウルス・ベリなんですよねー

今回の目玉とおぼゆ
ティラノサウルス亜成体、通称ジェーン

幕張メッセ2009年の砂漠の奇跡では
スピノサウルスやらマメンチサウルスやら
ギガントラプトルやらの印象が強くて
影だった(笑)んですが
今思えばジェーンも凄かったんですね
あの時は成体と一緒に展示されてたし…

今回はジェーン単体 
ジェーンだけを楽しめます笑

この子供ティラノサウルス、ケガ多いですね
同じティラノサウルスに噛まれた跡があるんです
気性が荒かったんですかね、ティラノサウルス。
ティラノサウルスのじゃれ合いみたいな感じだったのかも

…ティラノサウルスに生まれなくてよっかた←


おまけ
スタンプラリーでもらえる(小学生とその御兄弟のみ)シール

プテラノドン(オス)
プテラノドン(メス)
ってなってるんですが
このイラストは雌雄の違いではなくて
種類による違いを表しているはず…

プテラノドン・ロンギセプスと
プテラノドン・ステルンベルギ
この2種の頭の形状の違いを表しているのであって
雌雄の頭の形状を表しているのではありません

プテラノドン、確かに雌雄でも
トサカの形状に違いはありますが
このイラストの違いは明らかに種による差です笑

こんなん小学生に配ったら信じちゃうよー

久しぶりに描いてみた

久しぶりに恐竜を描いてみました!!

img20130406_030230.jpg

疲れたでございます
まだ下描きの段階なのに笑

私的恐竜の撮り方

このごろサンショウウオたちの調子が悪いので

サンショウウオ記事はお休みです

の代わりに

このブログの飼育記事以外の項目(=恐竜記事)を多くだそうかなと・・・

イモリは元気な子が多いので気が向いたらシリケンでもアカハラでも・・・



夏は、主に幕張メッセで恐竜展が開かれることが多いと思うのですが

関西にお住まいの私は2009年に行けたのみです(涙)

今年は中国に目が行ってる感じでめっちゃいい感じなんですが(感じ多いな)

いけないだろう

まあ行くか行かないかは別として

恐竜の骨格、特別展はもちろん常設の博物館でもパシャパシャ撮りたいですよね(・・・ですよね!?)

で、私的恐竜の撮り方~その1~(いきなり!?)

角度を変えて数枚撮影するべし

例えば頭、

204_convert_20120802175828.jpg

203_convert_20120802175751.jpg

オロロティタンなんですが・・・コレではそんなに角度かわってないかな(笑)
まぁ斜めから真横にかわった感じです(福井県立恐竜博物館)

185_convert_20120802180716.jpg

184_convert_20120802180635.jpg

アロサウルスの全身
アロサウルスは大好きなので調子乗って何枚も撮りまくりました(福井県立恐竜博物館)
1枚じゃ部分の形がつぶれるから何枚か撮っておこうという意味なのでしょうか?(自らに問うな)

私的恐竜の撮り方~その2~

部分を拡大して撮るべし

091_convert_20120802180210.jpg

問題:コレはなんでしょうか??
答え:トリケラトプスのあんよ

最近の復元では前足は甲を外側に向けた状態になっています

全身は
092_convert_20120802180303.jpg

そしてまたもアロサウルス
186_convert_20120802180759.jpg
頭だけを撮りたかった結果です


私的恐竜の撮り方~その3~

後ろから撮るべし
これは本当に撮るべしですよ!!(自信アリ)

081_convert_20120401175534.jpg

だいぶん前の記事でお世話になったt-rex、ワンケル君
この大迫力のワンケル君も、後ろから撮れば
086_convert_20120802180134.jpg
ずいぶん雰囲気が変わります

恐竜以外でも
翼竜ズンガリプテルス
140_convert_20120802180829.jpg
                        ↓ 
141_convert_20120802180858.jpg
ね?(まぁ翼竜は長さが無いからそんなに・・・)

極めつけ(?)は、このフクイラプトル
225_convert_20120802180018.jpg
                        ↓
233_convert_20120802175933.jpg
同じ骨格だとは思えないでしょう!!(大げさか)

恐竜の骨格を撮る機会があれば是非お試しあれ





プロフィール

おっさ

Author:おっさ
いろーーんな生き物を飼育しています!!
よろしくおねがいします!!

最新記事
皆様からのコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。