スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

推定全長約9mの巨大羽毛恐竜

中国遼寧省の白亜紀前期の地層(約1億2000万年前)といえば

羽毛恐竜化石の宝庫ですが

その遼寧省の白亜紀前期の地層から新属新種の恐竜が発見され

中国の研究チームが2012年4月5日付の英科学誌ネイチャーに発表しました

中国遼寧省ではいままで数々の羽毛恐竜が発見されていました。

ミクロラプトル、シノサウロプテリクス、ベイピャオサウルス・・・etc

しかしこれらの恐竜はすべて最大でも2m程。

ところが今回の新種は約9mの大型恐竜だったのですっ!!

名前は「ユウティラヌス・フアリ」

IMG_0003_convert_20120408173819.jpg


しかもティラノサウルスの仲間(ティラノサウロイデア/ティラノサウルス上科)らしい




ティラノサウルスの祖先はアジアやイギリス等のユーラシア大陸側で発見されています

白亜紀に北アメリカ大陸とユーラシア大陸が陸続きになり北米に入ってきました

ティラノサウルス類は非常に長い間繁栄しており

古いものでジュラ紀中期の「プロケラトサウルス・ブラドレイ」(イギリス・全長3m)
IMG_convert_20120408173758.jpg


ジュラ紀後期の「グアンロン・ウカイイ」(中国・全長3m)
IMG_0001_convert_20120408173924.jpg


そして白亜紀前期の「ディロング・パラドクサス」(中国・全長1.8m)
IMG_0002_convert_20120408173933.jpg


この中で「ディロング・パラドクサス」は羽毛が発見されており

ディロングの発見からティラノサウルスにも羽毛があったのでは??という説も出されました

しかし羽毛というのは体温を一定に保つシステムであり

これを必要とするのは小型の恐竜。

小型の恐竜は体温が上がっても体が小さいのですぐに冷えてしまいます。

一方、大型の恐竜は一度体温が上がるとなかなか冷えません

小型恐竜は昼、たくさん動き回って体温が上がっても

夜になるとすぐ冷えてしまうため羽毛を必要としたのです

1.8mのディロングは必要であっても12mのティラノサウルスに必要だったのか

ティラノサウルスにあったとしても幼体のころだけで成長するに従い羽毛は消えたんじゃないか

という説がティラノサウルス羽毛に覆われていた説とぶつかっていました。

また、進化に従い退化していくものは完璧には退化しません(尾てい骨とかクジラの後ろ足とか)

なのでティラノサウルスの成体には飾り羽として首や背中の一部に羽毛が残っていた

という説もあります(自分的には一番ありうる説だと思う)

で、今回の「ユウティラヌス・フアリ」

ティラノサウロイデアとして全長9mで羽毛が発見された

ということは全長12mのティラノサウルスにも羽毛があった可能性が大きくなったわけです

ユウティラヌスの羽毛はもちろん飛ぶためのものではなく(笑)

飾り羽や体温調節に使われたと思われます

ユウティラヌスはティラノサウロイデアであって

ティラノサウリダエ(ティラノサウルス科)まではいきません

進化したティラノサウリダエでは指の数が2本(親指、人差し指)であるのに対し

ユウティラヌスは3本(親指、人差し指、中指)。

大型であるのに原始的という新旧入り混じった恐竜であり

上記のディロングなどとティラノサウルスを結ぶ位置に当たるのではないでしょうか?

(ただし「エオティラヌス」という全長約5メートルのティラノサウロイデアより更に祖先的な系統であるとされる)




文章中に間違いがあればご指摘ください
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

おっさ

Author:おっさ
いろーーんな生き物を飼育しています!!
よろしくおねがいします!!

最新記事
皆様からのコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。